医療脱毛のリスク「毛嚢炎」について

医療脱毛といえども施術を受けるリスクというのは当然存在しているものです。
クリニックでのカウンセリングでは各リスクマネジメントについての説明を受けることが重要なプロセスといえます。
そこで脱毛においてのリスクを簡単にご紹介します。
医療脱毛のリスク「毛嚢炎」について

医療脱毛のリスク「毛嚢炎」について
「モウノウエン」は、細菌性皮膚疾患のうちの1つです。
発毛を促すための毛根を包む毛包部にブドウ球菌が感染することで発病することがあります。
脱毛においての毛嚢炎は、毛穴に小さな傷がつくことがきっかけとなります。
もともと毛穴には複数の細菌が常在しており、湿った状態や温浴施設など様々なきっかけや場所で感染してしまうことが考えられています。

まるでニキビのように肌表面に複数の発疹をつくります。
とくにフェイスの脱毛において、毛嚢炎を発症しやすい傾向があります。
というのは、顔はもともと比較的に皮脂の分泌も多く、毛穴に雑菌が繁殖しやすい特性があります。
脱毛後のレーザーによる刺激や、脱毛後の間違えたケアがきっかけとなり発病することになりかねません。
脱毛後は肌のバリアー機能が低下すると考えられており、その状態で温浴施設やプールなどを利用した場合に感染することも考えられます。

脱毛後に、このような症状が見られる患者への診察費用や投薬料金などを、脱毛料金に含んでいるリスクマネジメントが見受けられるクリニックも存在しています。
毛嚢炎の治療は、抗菌剤を服用するなどをして試みられますが、体質により繰り返す場合も見受けられます。

以上、医療機器でのリスクマネジメント「毛嚢炎」についてご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です